尾道市御調町でお米作り。
株式会社尾道ファーム

私たちの想い

純粋に、まっすぐに作り続ける。

わたしたち株式会社尾道ファームは、農業従事者の高齢者による放棄地拡大傾向の現状を踏まえ、これらを受入れ日本の農業の企業化体制を確立致します。
今までの経験を活かし、農業のIOTシステムを開発推進し、新しい産業に育てていきたいと考えています。
若い世代に農業の魅力を伝え、農業はとても素晴らしい仕事なんだと伝えていけるように、これからも夢を与え続けていきたいと思います。

これまでも、これからも、純粋に、まっすぐに農業と向き合い、作物を作り続けていきたいと考えています。

株式会社尾道ファーム 代表取締役
佐藤 武成

(株)尾道ファーム創設者のPROFILE

久保桂三氏(80)
尾道市御調町生まれ
福山通運を定年退職後、地元農家の高齢化による田んぼ放棄を懸念され、生誕地の同志と平成25年、尾道ファームの前身である農業団体「貝ヶ原産業」を立上げた。
貝ヶ原地区圃場の耕作を手始めに、近隣の平、大和、釜窪、綾目地区、さらに三原市八幡町まで拡大、田んぼ放棄地拡大の流れを食い止め、地元農家の多くの人々に感謝されている。
初期より機械化に関心を持ち、効率的な作業に取組み、日本の農業発展に努力されてきた。
苗づくりも自作する事を考え、生誕地である大原の自圃場にビニールハウスを建ち、自動種まき機、育苗機も導入、自作苗づくりに成功、さらには、世羅郡世羅町宇津戸関谷1493-2に乾燥施設(現尾道ファーム世羅工場)を設け、コメづくりの一貫体制を整えた。
更に地元に貢献する為には”法人化が必要”と訴え続け、ついに平成28年4月「株式会社尾道ファーム」の創設に至った。
新しいあらゆることに挑戦してきたが、今年80歳を迎えることになり、又組織体制も整い軌道に乗りつつあることを見届けたので、会社の将来の発展を願いつつ、設立一周年を機に後継者に継承することとした。
会社概要

【本社】
〒722-0014広島県尾道市新浜 1 丁目 1-7-1101
TEL:0848-38-7864  FAX:050-1380-8828

【代表取締役】
佐藤 武成

【設立】
平成28年4月

【従業員数】
役員2名、従業員6名(アルバイト含む)

【事業内容】
 1. 米、野菜、果物の栽培及び販売
 2. 農産物の委託栽培
 3. 農作業の請負
 4. 農業IT化システムの開発、販売

【保有圃場】
圃場・・・約13町歩(39,000坪) 工場・・・233m²(約70坪)

ライスセンターシステム構成図